読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクロキャッスル

Try to Describe It All

2015年のお気に入りアルバム30枚

f:id:microcastle:20151219215301p:plain

 今年リリースされたアルバムの中から特に好きだったものを30枚選びました。これといって面白みのあるリストではありませんが、傾向はそれなりに見て取れるかな、と。ここ数年はロマンティックで手触りの滑らかなものが好みの中心としてあったので、そのことが全体に対するR&Bやジャズ/ソウルの割合に反映されているかもしれません。あとは女性SSWの作品がやたら多いのだけど理由はよく分かりません。

30. Vetiver / Complete Strangers

Complete Strangers

Complete Strangers

 

29. Aphex Twin / Computer Controlled Acoustic Instruments pt2

28. Blur / The Magic Whip

The Magic Whip

The Magic Whip

 

27. Deradoorian / Expanding Flower Planet

Expanding Flower Planet

Expanding Flower Planet

 

26. Hiatus Kaiyote / Choose Your Weapon

Choose Your Weapon

Choose Your Weapon

 

25. Prurient / Frozen Niagara Falls

Frozen Niagara Falls

Frozen Niagara Falls

 

24. Beach House / Depression Cherry

Depression Cherry

Depression Cherry

 

23. Jenny Hval / Apocalypse, girl

Apocalypse, Girl

Apocalypse, Girl

 

22. Protomartyr / The Agent Intellect

The Agent Intellect

The Agent Intellect

 

21. U.S. Girls / Half Free

Half Free

Half Free

 

20. Natalie Prass / Natalie Prass

Natalie Prass

Natalie Prass

 

19. Drake / If You're Reading This It's Too Late

If You're Reading This It's Too Late

If You're Reading This It's Too Late

 

18. Jessica Pratt / On Your Own Love Again

On Your Own Love Again

On Your Own Love Again

 

17. Donnie Trumpet & The Social Experiment / Surf

f:id:microcastle:20151221231604j:plain

16. Vince Staples / Summertime '06

Summertime '06

Summertime '06

 

15. Julia Holter / Have You In My Wilderness

Have You in My Wilderness

Have You in My Wilderness

 

14. Ought / Sun Coming Down

Sun Coming Down

Sun Coming Down

 

13. Jazmine Sullivan / Reality Show

Reality Show

Reality Show

 

12. Kendrick Lamar / To Pimp A Butterfly

To Pimp a Butterfly

To Pimp a Butterfly

 

11. Deerhunter / Fading Frontier

Fading Frontier

Fading Frontier

 

10. Empress Of / Me

Me

Me

 

09. Unknown Mortal Orchestra / Multi-Love

Multi

Multi

 

08. Carly Rae Jepsen / E・MO・TION

エモーション

エモーション

 

07. Bjork / Vulnicura

Vulnicura

Vulnicura

 

06. The Internet / Ego Death

Ego Death

Ego Death

 

05. Tame Impala / Currents

Currents

Currents

 

04. Floating Points / Elaenia

Elaenia

Elaenia

 

03. Kamasi Washington / The Epic 

The Epic

The Epic

 

02. Grimes / Art Angels

Art Angels

Art Angels

 

01. Courtney Barnett / Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit

Sometimes I Sit & Think & Sometimes I Just Sit

Sometimes I Sit & Think & Sometimes I Just Sit

 

 コートニー・バーネットのデビュー作を今年のナンバーワンに選びました。まくし立てるボーカルと唸りを上げるテレキャスター、そして彼女自身の佇まいがたまらないです。グライムスもポップに振り切れた傑作を送り出し、我々の度肝を抜いてくれました。ジャズのダイナミズムをこれでもかというくらいに教えてくれたのはカマシ・ワシントンで、インディ好きのジャズ入門としては最適なアルバムだと思います。フローティング・ポインツもジャズを通過した、洗練や優雅といった言葉の似合うエレクトロニック・ミュージックでした。R&Bへ大きく舵を切ったテーム・インパラに、当初は物足りなさを感じていた私、結局受け入れた様子。ジ・インターネットは、バンドにこだわっている姿勢がグッと来ました。まだまだ衰えることのないビョークの先進性には驚かされたし、カーリーはポップ・ミュージックのお手本としてよく聴きました。今回のUMOにピンと来なかった人はライブを見てもらうと印象が変わるかもしれません。エンプレス・オブには今後ものすごい傑作を作ってくれそうな才能と伸びしろを感じました(偉そう)。いつになく穏やかだったディアハンター、中でも"Breaker"はロケットのハンサムが堪能できるビデオも合わせて今年のベストソングです。言わずもがなのケンドリック、特に"For Free?"の衝撃はすさまじかった。その貫禄のある歌声で魅了したジャズミン・サリヴァンは、調べたら私と同い年でした。昨年に続きランクインしたオウトは、ストイックさと切れ味の鋭さで楽しませてくれました。ジュリア・ホルターは一聴すると地味なんだけど、隙間を埋めるウッドベースやスネアが妙に心地良いんだよな。ヴィンス・ステープルスの殺伐・荒涼としたヒップホップにもかなり夢中になった。まだまだ書き足りないけれど(大嘘)、ついさっき、大好きだった芸人が逮捕されてしまい心が沈んでいるのでこの辺にしときます。・・・良い年末を!