読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクロキャッスル

Try to Describe It All

ナイン・ミリ・ネイルズ

 長年やめられない癖のひとつに「爪噛み」がある。 噛むとしても指の境界からはみ出している部分だけで、深爪になるほどでもなければ、吉良吉影のようにバッキバキにするわけでもないので、軽度だとは思うのだけど。 成長すれば自然と治まるのでは、と漠然と考えていたのに、20年くらい続いているのは驚きというか情けないというか。爪を噛む人間は「精神的に未熟で、幼児性が抜けていない」のだそう。心の紙おむつが取れていない状態なのかもしれない。横漏れ防止立体ギャザーががっちり密着しているのかもしれない。心の紙おむつってなんだ。

 部屋でネットサーフィン中にふと気付くと無意識に噛んでるんだよな。意識外で発動するのやめてほしい、防ぎようがないから。人前では発動しないし。 眠っているときだけ第二の人格に体を乗っ取られる感覚に近い。そのうち無意識に爪噛むだけでなく、コンビニでプリペイドカード買わされそう。なにそれこわい。

Viet Cong

Viet Cong

 

 カナダのバンド、ベトコンのデビューアルバムがかっこいい。モノクロの無骨なポストパンクなのだけど、時折差し込まれるシンセやギターの煌めきとのコントラストが癖になる。とくに "March of Progress" の後半の展開は心を奪われる。奪われた結果コンビニでプリペイドカード買わされそう。こわい。

Public Strain

Public Strain

 

 もともとウィメンというバンドで二枚のアルバムを出していたが、ギタリストの死によりベトコンとバンド名を変え、活動を再開した彼ら。ウィメンとして二枚目の『パブリック・ストレイン』は一聴の価値ありの名盤だと思う。