マイクロキャッスル

Try to Describe It All

聖書にも書かれている事実

 こんにちは。夏ですね。カルヴィン・ハリスのアルバムを聴くのに最適な季節であること以外ひとつもいいところがない、と聖書にも書かれています("Feels"は最高)。温度よりも湿度が厳しく、すでにバテがあります。映画、「ベイビー・ドライバー」早く観たいがあります。アルバム、よく聴いてるのはムラ・マサ男とタイラー・ザ・創造者氏です。

Mura Masa

Mura Masa

 

上半期50曲

 こんばんは。恥ずかしい国になってしまいましたが、私たち全員に責任があるし、同時に誰のせいでもないことが広く知られています。

 それはそうと、今年前半によく聴いた50曲が以下です。必ずしも2017リリースではないかもしれません。ケンドリックとカルヴィンが優勝気味なのでえこひいきをしています。

  1. Migos "Bad and Boujee"
  2. Kendrick Lamar "HUMBLE."
  3. Kendrick Lamar "PRIDE."
  4. Calvin Harris "Slide"
  5. Calvin Harris "Heatstroke"
  6. Kamasi Washington "Truth"
  7. Selena Gomez "Bad Liar"
  8. Frank Ocean "Biking"
  9. Cornelius "あなたがいるなら"
  10. La La Land Cast "Another Day of Sun"
  11. DJ Khaled "I'm the One"
  12. Drake "Passionfruit"
  13. The xx "Dangerous"
  14. Mac DeMarco "One More Love Song"
  15. LCD Soundsystem "Call the Police"
  16. (Sandy) Alex G "Proud"
  17. Lorde "Green Light"
  18. Slowdive "Slomo"
  19. The National "The System Only Dreams in Total Darkness"
  20. Paramore "Hard Times"
  21. Phoenix "J-Boy"
  22. Courtney Barnett "How To Boil an Egg"
  23. tofubeats "What You Got"
  24. Everything Is Recorded "Close bu Not Quite"
  25. !!! "NRGQ"
  26. Shabazz Palaces "Shine a Light" 
  27. Laura Marling "Soothing"
  28. Fleet Foxes "Fool's Errand"
  29. Marika Hackman "Boyfriend"
  30. Dirty Projectors "Cool Your Heart"
  31. Khalid "Location"
  32. Sampha "(No One Knows Me) Like the Piano"
  33. Father John Misty "Pure Comedy"
  34. Spoon "Hot Thoughts"
  35. Hurray for the Riff Raff "Living in the City"
  36. Lil Yachty "Bring It Back"
  37. ゆるふわギャング "Go! Outside"
  38. 椎名林檎トータス松本 "目抜き通り"
  39. SZA "Love Galore"
  40. Beach Fossils "Tangerine"
  41. Playboi Carti "Magnolia"
  42. Major Lazer "Know No Better"
  43. Toro Y Moi "Girl Like You"
  44. Kehlani "Undercover"
  45. Mura Masa "Love$ick"
  46. Kelly Lee Owens "Anxi."
  47. Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister "Saturn"
  48. Cigarettes After Sex "K"
  49. IU "Palette"
  50. 柴田聡子 "後悔"

 最後の2曲は、先日の「関ジャム」にてトーフビーツ氏が上半期の5曲に挙げていたうちの2つで、ポップミュージックの即効性が作用した結果、恋に落ちるなどしました。 

FUNK WAV BOUNCES VOL. 1 [CD]

FUNK WAV BOUNCES VOL. 1 [CD]

 

物体落下させマン

 どうも。最近は特にないのですが、ドジっ子属性が加速しており、先週は茶碗を落として割り、今週は夕飯のための豚肉をシンクに全ぶちまけしました。要因として、指先の乾燥ではないかという分析があります。

 DJキャレドとカリードは綴りが似ているので混乱する、ということを伝えたいです。曲はどちらも最高です。ジャスティン・ビバ男は最高であるという思いも次第に強くなります。チックx3に対する信頼というものは常に持っていますが、新作だと以下が特に来ています。

Grateful

Grateful